瑕疵担保責任って何?

消費者契約法は法律用語ですので、定義が重要です。

 

 

まず消費者と事業者の定義を見ていきます。消費者とは個人であり、その事業は営利・非営利を問いません。

 

次いで事業者とは、法人他の団体の事業のために契約当事者になる個人を指します。

 

そしてその事業は、個人商店・農業協同組合・宗教法人・医療法人・国・地方公共団体・特定非営利活動法人・労働組合などを含みます。

 

 

これらの関連において消費者契約とは、消費者と事業者との間で締結される契約を指します。

 

詳しく述べると、消費者と事業者との間に存在する質・量・交渉力の格差を前提として、事業者の一定の行為によって消費者が誤認したり困惑した場合に、契約の申し込みや承諾の意思表示を取り消すことができます。

 

そして事業者の賠償責任を免除するような、消費者の利益を害する条項などは無効とします。

 

さらに消費者の被害の発生や拡大を防止するために的確消費者団体が事業者に対し差し止め請求を数をすることができます。これらによって相対的に力の弱い消費者を守るための法律といえます。

消費者契約法で消費者が守られる例の一つとして、瑕疵担保物件というものがあります。取引によって消費者に供された商品やサービスに、常識的な判断では消費者が知り得ない品質上・機能上などの問題があった時、事業者は賠償の責を負います。

 

このような商品やサービスのことを瑕疵担保物件と呼び、隠れたる瑕疵と表現されます。

 

これは有形無形を問わず、商品や各種サービス、土地作物、行政行為にも適用されます。